はかなき。

2017/09/02 Sat

夢よりもはかなき世の中を嘆きわびつつ明かし暮らすほどに、
四月十余日にもなりぬれば、木の下暗がりもてゆく。



どうですか、この書き出し。

「和泉式部日記」というやつです。

現代語にすると、

夢よりもはかない男女の仲を、嘆き悲しんで日々を明かし暮らすうちに、
四月十日過ぎになったので、(たくさん葉がついてきて)木の下がしだいに暗くなってゆく。

てな意味、だそうです。



別にいきなり古典にはまったとか、そんなんでは決してありません。



昔のことって、忘れないなぁって思ったんです。

中学・高校時代に覚えさせられたこと、経験したことって、ずっと記憶に残ってる感じがします(そりゃ、忘れてることもたくさんありますが笑)。

でも、年をとってくると、台所で「あれ、何しに来たっけ」となったり、「そんなん言ったっけ?」となったり…。

どんどん覚えられなくなります。



え!?何が言いたいかって?



今月末と、来月頭に大きな試験を受けます。

試験勉強まっただ中(なので家飲み禁止中)。

大人になってからの試験勉強は…

仕事をしながらの試験勉強は…

覚えられない(>_<)

家では他が気になるので

170902-1.jpg

高校生にまぎれてのマクド勉強。

でも集中力が。。。



今日、お客様に「応援してます!」のエールを頂いて、めちゃくちゃ嬉しかったので

頑張ります。



そんなバタバタな今月ですが

今月の一冊はこちら。

170902-2.jpg

また明日です☆
スポンサーサイト
プロフィール

土肥三佳子

Author:土肥三佳子
兵庫県を中心に活動しているフィットネスインストラクター
日本マタニティフィットネス協会認定マタニティビクスインストラクター
日本マタニティフィットネス協会認定ママフィットインストラクター
VAAMプロスタッフ
Marble 契約インストラクター
どひみかこ・dohi mikako

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR